首輪deアルコールNight☆
a0011338_0493111.jpg

学生時代もあんまり好きじゃなかった街、渋谷。
いつもは使わない街に行く時はいつも夜。
いつもは使わない色のメイクに、いつもはインナー使いの服をメインにセクシー系(笑)
そしていつもは使わない夜遊び専用のブドワールの香りを身に纏い、
今宵は今年一発目のハプバーNight。
学生時代は六本木の仮面バーへ行っていた。
暫く夜遊びをしなくなって潰れてからは夜遊び卒業。
去年から友達の馴染みで渋谷と新橋に行く様になった。


すごいのはハプバー行っても今まで私はノンハプニング。(笑)
友達とSMトークしたり、鞭を打つ練習したり、
飲み放題だから飲んだくれて仕舞いにはネカフェ代わりに始発まで寝ちゃう。
SM友達と遊びに行くだけで、足利さんともシカオとも来たことがなかった。
でもね、主に連れられてるM女さんがね、
シカオと過ごす様になってからはすごく羨ましくて今年は一緒に行こうとも話してた。
いくら仲良しのSM友達にもご主人様と呼ばれる人を会わせたことなかったな。
シカオはね、本気で見せびらかしたかったんだね。(笑)
どこに出しても恥ずかしくないSさんだと、私の主だと思ってたもん。

首輪と鎖をぶら下げて、噛み跡が隠れない服でも平気な
普通に好きなものを好きと誇れる空間。

ただし、今夜からは鎖は付ける必要がなくなってしまったんだな。
ハプバー通いをして初めて野良になってバーに行く。
他のカップルさん見て、落ち込みませんよーに。(笑)

今、山手線の車内掲示板の占いで牡羊座が
「終わったはずの恋が再燃。ふとしたことで再会します。」と!
結果は11位なのに、タイムリーなんじゃないんすか、神様!(笑)
てか…シカオ以外との再会があったら気まずーい、場所が場所だし。(爆)


さあ、今夜は朝まで皆で浴びる様にアルコールNight☆
[PR]
# by cerisier_aimer | 2010-01-11 00:49 | ☆癒しリゾートの旅☆
素で笑う。
2年振りに戦友・原田さんと飲んでる。
中座して書いてる。(笑)
本人、今頃どこまでトイレに行ったんだって思ってるんだろうね。

新年が始まって10日、半分以上付き合い合コンに出てた。(笑)
外の私は笑うけれど、所詮作り笑い。
酔えない。弱いはずなのに。
たくさんの人と話したけれど、どうしてもこの人の話を聞きたかった。
ローな話題からプレイトーク、真面目な話までわんさか。
原田さんは私がご主人様と呼ぶ人以外で、
どのSさんよりもフィーリングが合う尊敬できる人。
そして私の飼い犬人生をほぼ見てきた心から大切に思う友人。
私自身も原田さんの恋愛や家庭のことをずっと聞いてきた。
歳はとても離れているけど仲良しな、幸せになってほしい人。
恋愛の転機が来る時、私は必ず彼の助言を求める。
足利さんに飼い犬を解雇された時、
誰よりも諦めるな、戻れるからと言ったのは原田さんだった。
今回、原田さんは私が思っていたのと違う助言をくれた。
私も薄々は解っていた。
やっと笑えた様な気がする。


原田さんは「M女として成長したねぇ」と言った。
私に対する誉め言葉って言うより、彼への賞賛に私には聞こえて嬉しかったよ。
そこまでやったの!?昔のちいじゃ考えらんないって…私だってびっくりだよ(笑)
成長したからこその助言はね、その通りだと思ったよ。

そして「ちいは自傷癖はないけど…相手に傷付けられるの、大好きだからなぁ」って
原田さん、私はシアワセになれないんでしょうか?(笑)

詳しくは帰ったら忘れない様に書かなきゃ!
水先案内人の言葉忘れちゃう!


まだ2時間でお互いアルコールは強くないのに五杯目、六杯目。(笑)
久し振りにすごく楽しく、気持ち良く酔ってる。
今、シアワセな気分。
原田さん、流石の話術師さまだわ。
さあ次は原田さんの恋愛トークを聞くかな♪
[PR]
# by cerisier_aimer | 2010-01-10 00:30 | M女「優奈」の大切な人
今年一番シアワセなのは、あなたの側にいれたこと。
a0011338_4491835.jpg


『いつからか素敵なことは
必然要してどこかを失った
心の繋がりに脅えて
身体で埋めようとして
不安をごまかしてたそんな毎日の中で
あなたはもう私の中にいた

もしも2人深く想えて
いつかここで時を終えても
ずっとあたしあなたを愛して
手を伸ばしてると思えたの

愛情はなんてこわいもの
だから逃げたり求める
大人だとか子どもだとか
もう関係ないよ

もしも2人出会えなければこんな風に笑えなかった
今年一番幸せなのは
あなたのそばにいれたこと』


この曲の歌詞を初めて読んだ日、私は涙が止まらなかった。
その時、諦めようとして「考えたいから暫く連絡しない」と言った時だった。
多分、もう二度と電話は鳴らないと思っていた。
まるで自分の事の様な歌詞。
次の瞬間、着信音が鳴ったんだ。

だから覚悟ができた。
自分の中の好きだいう気持ちを認められた。
素直になれた。
甘えられた。
新しい経験値をこの人だから知ろうと思えた。



久し振りに惹かれる恋をした。
和宏さんやご主人様の時みたいに自分を抑えられない恋をした。
足利さん以外に主と呼びたいと、この人に仕えたいと初めて思えた。
好きで好きで不安だった。
あんなに優しくしてくれたのに自信がなかった。
何で私なんだろう?
何でいろんな私を受け入れてくれるんだろう?
あなたが言ってくれる「好き」って言葉がどんな意味なんだろう?
私はあなたの中でどんな存在なんだろう?
解る様で解らない。
本気にも、口がうまい様にも感じる。
いろんな妄想をしてしまう。

解らないから不安になって彼が怖くなる。
怖くなるから無理とか背伸びとかガマンばかりになり、
殻を作って中で震えている。
彼を自由にできなくなる。
本当は私が思い上がってるんじゃないかと怖くなり、
だから「大人の関係」をするべきなのかとも考えた。
本当は彼はそんなこと望んでなかったのに。
怖がって私がどれが真実なのか解らなくなっただけ、
本当はかけがえのない存在だった。

私が不安で自信がなくて、だから私が壊してしまった。

「東京で彼氏を作られたくない」

「好きって気持ちを割り切られて一緒いるなんてできない」

「ストレスが溜まって爆発して壊れて…それならもう一緒にいられない」

「今の現在地はかけがえのないものだったよ」

彼の抱えてた痛みを知っていたのに、自分ばかり求めてしまった。
私が「先のことは解らなくて良いんだよ」って言ったのに、
今の立ち位置が解らないことから結論を急いでしまった。
私はどんな存在なのか不安で詰将棋をしてしまった。
彼女が一番の場所であって、いつかその人が出てきてしまうのではと怖かった。
肩書きなんかに興味がなかったのに縋ってしまった。
足利さんと過ごした時間で学んだはずなのに。
彼女になりたいと願っていた自分が飼い犬の存在意義を知って
その暖かさや揺ぎ無いものを知っていたはずなのに・・・
長い時間を一緒に過ごして出てくる結果もあるはずなのに・・・
相手の気持ちが解らなくて怖くて同じことを繰り返してしまった。


立ち位置を知れて、彼の気持ちを知って本当の私の望みに気が付いた。

形じゃないの。
本当に欲しかったものは彼女という地位じゃないの。
あなたの中で大切な子に、1番好きな子になりたかったの。
私はあなたにとって代わりの効かないものに、唯一無二になりたかったの。
あなたの為に存在したい。
あなたの為に成長したい。
あなたの為に癒せる存在になりたい。

本当はあなた以外なんていらない。
本当はあなたのこと割り切れない。
本当はあなたを好きなのを止められない。
すべてはあなたが遊びだったと自分が知った時の為の強がりで、
逆にそれであなたを傷つけてしまったのかもしれない。

失って気が付いたの。
本当に望むもの。
私は過去に書いたメールでもう足利さん以外主従なんてできないと書きました。
読み直して気が付いた。
大切なことが抜けていたこと。
だからあなたがこの答えを出したのかもしれない。


私はあなたに愛されていれば、
あなたが私だけを見ていてくれれば、
私があなたの気持ちを知れれば、
私はシアワセだったの。
私はあなたの代わりの効かない愛奴になりたいの。
あなたの側に寄り添いたいの。
それはね、私だけだと理解できれば
私に愛情があると私に解る様に示してくれれば・・・
私はもう二度とできないと言った主従でさえ
あなたとならできると思った。
あなただからしたいと思った。
だからあなたに首輪を付けられ、私は跪いたのです。
ご主人様と呼んだのです。
あの時、自信は今以上にありませんでした。
それでも進もうと思いました。
あなたのことが好きだったからです。
あなたに送れなかったと見せたメールはあなたの物になる前に書いたものでした。
「もう主従はできない」
あなたがあの文章から感じたのはストレートな言葉の意味で、
私が本当に思っていたことは言葉足らずで伝わっていなかった。
覚悟をしたから私はあなたの奴隷になったのです。
それを私はカフェで終わりを告げられたあの日、
あなたに伝えることができませんでした。

もう遅いのかもしれない。
もう二度と会えないのかもしれない。
誤解を解くなんてできないのかもしれない。
本当は面倒だと思って切られたんじゃないかと怖くなる。
でもあなたが最後に言った
「好きなまま終わらせたい、他の子じゃ満足できないかもしれない」
の言葉を最後まで信じたい。
私が変われば壊れない。
私が変わる方法は1つだけ、あなたに愛されている自信を持つこと。


神様、私に与えてくれた偶然をどうか運命に変えてください。
どうかもう一度、チャンスを与えてください。
あの腕に抱き締められて、
名前を呼ばれて、
「ほら、おいで」と、
その甘い声と意地悪な視線に、
拒否権のない絶対の中で囚われていたいの。
夢の中じゃなく、あなたの腕に抱きしめられたいの。
そんなこと夢のまた夢。
せめて声が聞きたい。
あなたに会って謝りたい。
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-12-31 23:59 | シカオ
飼い犬になってからの話(2)
ブログ制作以前の、
まだご主人様への気持ちが解らなかった頃の過去のお話です。
続きの話となっておりますので,大変ご面倒をおかけいたいますが
以下の文章を読んでからお読みください。



あー・・・前回は鬼でした。
メール添付とは我ながら恐ろしいです。(爆)
まっ、やっちゃったし~♪私、しーらなーい☆
本日もいってみましょー。
過去に書いた和宏さんとの思い出や【はじめに。】の「ご主人様と私」などにかかる話、
大学2回生19歳の2003年夏~もうすぐ20!の翌2004年新年までの
和宏さんを過去にでき、ご主人様への気持ちが愛情だと解った頃のお話です。


*********************************************************

カテゴリ【ご主人様との過去の話】
飼い犬になる前の話(1)
飼い犬になる前の話(2)
飼い犬になる前の話(3)
これは続きじゃない余談だけど・・・w
飼い犬になる前の話 番外編 ~飼い犬になる前から既に「飼い犬」でした(汗)~

そして↓が前回のもの。
飼い犬になってからの話(1)

今回の話を読む前にお読みください。
「飼い犬になってからの話(1)」と今回の「飼い犬になってからの話(2)」の間の話です。
前にM性を捨てたいと思ったこと。


*********************************************************

本文はこちらからd(゜―゜*)ネッ!
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-10-09 00:23 | ご主人様との過去の話
映画デート。090201
a0011338_1321020.jpg

映画=夜のデート。
夜のデート=オールナイト。
オールナイト=夜のお散歩。
夜のお散歩=ヒルズのシネコン。
が図式になるのだが…最近、体調が良くない。
オールする体力がない。まさか年!?w
と言うわけで夕方からのデートにして頂きまして。
それも珍しく違うシネコン。
20世紀少年、見てきます。
二人が出会った頃にハマりまくってた思い出の漫画。
てか、待たせまくってます。
ご主人様の機嫌、悪いなあきっと(笑)
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-10-06 01:32 | ご主人様
愛奴と呼ばれたい。
前に書いた、私がご主人様に言えない言葉のひとつ、いつか「愛奴」と呼ばれたい。
昔、10代の私が毎晩優奈ちゃんをしていた頃はたまらなく嫌いだった言葉。
愛奴なんて、
都合の良い存在なんじゃない。
SMがしたい、ただのプレイじゃない。
気持ちなんてないんじゃない。
そんな風に思ってた。
まだ自信がなかったから。まだ主従の意味を解ってなかったから。
まだ信じることができなかったから。
いろんな意味を含めて愛奴という言葉が嫌いだった。
だけどこの言葉がキレイだと、優しと変わったの。



愛奴、「愛い奴」と書く。愛しいやつ、なんて甘い言葉なんだろう。
幾つになってもご主人様にとって可愛い存在ででありたい。
たった一人の愛い奴でありたい。
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-10-06 01:22 | 「飼い犬」論
今日は約束の日。
a0011338_3253533.jpg


過去の日記をUPしています。日付も過去に合わせていますのでご了承ください。



3年前の今日、私が「私」と約束した日。
入りたくてやっとの思いで入れた会社、どんなに辛くても、嫌なことがあろうとも3年間は続けようと。
3年前、私は「入りたくて入った会社、一生をここに殉じたいと思うかもしれない、しかしやっぱり教員になりたいと思うのかもしれない」と書いた。
25になった私は夢を見つけた。
約束の丸3年、楽しいけれども苦しかった3年。
やっとこの日を迎えました。


2009年3月31日
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-10-05 03:25 | 本業と夜のオシゴト
半永久的な夏季休暇の開始、そのワケは?
過去の日記をUPしています。日付も過去に合わせていますのでご了承ください。





9月30日付けで大好きだったC社を退職しました。



入社後、周りに圧倒され自分に自信がなかった私が見つけた目標は
「私だからできることを。誰よりも地域を愛し愛される地場コンシェルジュになる」こと。
1年目、私だから仕事を一緒にしたいと言って頂ける営業になりたいと思った。

2年目を迎えた時、働く女性が更に頑張る為のご褒美的なフリーペーパーを作りたいと夢見た。
自分自身が数々のフリーペーパーや旅行雑誌に夢ややる気をもらったから。

3年目を迎えた時、新体制などに疑問を感じたり、旅行雑誌のライターを夢見た。
4年目を迎える今、私は今までの業務で何よりも
お客様のコンサルティングをすることに生き甲斐を感じていた。

新卒成功事例として会社に愛された1年目と2年目。
この実績のお陰で企画やコラムなど、
私は本当に好き勝手やらせてもらえたと会社にすごく感謝してる。
会社の体制が変わり、
お客様が望む以上の販売などに疑問を感じ必要以上に売ることを拒み問題児となった3年目。
4年目の私はもう会社に必要ないのかと思ってた。
存在意義を見つけられずにいた。
それを教えてくれたのはお客様。
辞めると言って初めて解った。



会社を辞めるに当たって最後まで私の中で決心がつかなかったのは
クライアントともう販促の仕事ができなくなると言うこと。
そして最後まで辞める私を引き留めてくれたのは
会社でも誰でもない、クライアントの皆様。
辞めることが決まっても最後まで担当を変えないでほしいと言ってくださったお客様方。
天職だと言ってくれる人、
勿体無いと言ってくれる人、
後任との契約打ち切りと言ってくる人、
泣いてくれる人、
引き抜きの話をくれる人・・・。
最後まで引き留めてくれたのはお客様。
営業Mと呼ばれた3年半、誰よりも愛してくれたのはお客様。


この会社に拾ってもらえたから同期に会えて、この会社に拾ってもらったから成長できた。
だだの営業だけでなく、
広告内容をご提案をすること、デザインを考えること、記事を書くこと、
媒体イベントを考えること、そして企業や店舗のコンサルティングをすることと・・・
数え切れない位沢山の業務を新入社員の私に経験させ、プロと呼ばれるくらいにしてくれた。

今回、同じタイミングで会社を辞める後輩向日葵は
「会社やボスが育ててくれた」と言うけれど
私は恩を仇で返すと言われるかもしれないけど、
何と言われてもクライアントのおかげであると思う。

今まであまり会社の話は極力書かない様にしてた。
自分のお給料何十年分だろう!?みたいな契約取ったり、
全社営業売上No1になったり生半可にちょっと売れる営業マンだったし
書くと良いことばっかになりそうで(笑)
その反面、めっちゃ辛いことも多かった。
大好きな会社や仕事が嫌いになりそうで、
まるで別れ際の恋人みたいな時や自分でも信じられないけど鬱に片足つっこんでる時もあった。
正直、最後の一年は毎日毎日あともう少しって思ってた。


それでも大好きだった。
会社も、社長も社員も仕事もクライアントも。
嫌いになんてなれなかった。
心のどこかで会社の体制が良くなることを期待もしてた。
先輩や同期は早い時点で見切りを付ける人がいたり
次へ行くべきだと言われたけど諦められなかった。
今、これを書きながら辞めたのが悲しいって思える程、泣いてしまう位に好きだった。
私の対クライアントへの思いは会社や経営からすれば
もっと会社の為に働けと思われるのかもしれない。
実際にそうだと思う。
食べさせてくれるのは会社。
しかし私の一番は最後の最後までクライアントだったんだ。
最終出勤日、後任と一緒にいつも通り営業したり打ち合わせしてた(笑)
本当に最後の最後までお客様の側で、私…営業Mらしかったと思う。

会社を辞めてもクライアントの中には個人で仕事をくれる人や
プライベートで遊びに誘ってくれる人もけっこういて正直驚いた。
会社のブランド力でなく、知識やアイディアや営業以外のサービスすべて含め
私自身を商品として選んでもらいたいと私が営業職としての目標を少しはクリアできたのかなって。
でも本当にお客様に、人に恵まれた3年半だったと思うの。




本当に愛されていたと思いました。
本当に必要に思ってくれたと思いました。

「クライアント第一主義」
探していた答えはそれで、私は会社で見た夢を叶えられたと思うんだ。
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-10-05 01:55 | 本業と夜のオシゴト
色。
今回、iPodに10代の頃に聴いてた曲ばっかり入れてきた。
久し振りに聴いたよ。


「快楽を知ってしまえば
ちょっとやそっとじゃ満たせなくなるよ」

と言う“LEVEL4”や


本来は違う意味かもしれないけど

「あなたが私を変えて
私も変化して
隔て合ってた世界が
一つに溶け合う」

と甘い“パピヨン”に



“愛の才能”の

「イケナイことでも経験したいの
身体で悟りたい。
窒息しそうなスリルの瞬間感じたいの。

あなたは私を
私はあなたを
身体で悟りたい。
友達じゃなくて恋人じゃなくて抱きしめたいの。」



あなたが痺れる感覚へ突き落としたあの瞬間、
確かにそう思ってたわ。

知らないことを知る度に
どんどん後戻りできなくなってた。

一度知った快楽は苦くて甘くて
忘れることなんて出来なかった。

与えられることは溺れること。

経験値が増えることは染められること。


あなたは私を色素の薄い朱鷺色に染めて

それはいつでも染め変えられそうな淡い色で

「染められるならば上塗り出来ない漆黒がいい」

そんな風に思ったけれど

淡さはあえての色合いで

簡単に染め変えはできないと言われている様で

簡単に染め変えられてしまうのかと試されている様で

若かったからかもしれない

恋心があったからかもしれない

それはけして色あせなかったの。





そんな「私」を作ったの。
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-09-12 22:54 | 「飼い犬」論
09'夏3rdTripは九州☆実況vel.1
a0011338_15453725.jpg

日曜から九州入りしてました。
最初の日は一人で福岡から由布院、2日は後入りしたかりんと別府、
その後2日は熊本在住優奈の世界の友達じじさんと阿蘇や高千穂、
昨日からは本格一人旅でまったり熊本市内。
後で気が向いたらUPしよ。
今日は5年越しの肥薩おれんじ鉄道に揺られて海岸線をローカル線の旅。
鹿児島へ向かいます。
海がキレイ☆
相席になった40違いのおじいちゃまと仲良くなり一時間半お喋り。
別れ際に「ボンボヤージュ、良い旅を♪」という言葉にあったかくなりました。


何度も言いますが私、鉄子じゃありませんから(笑)
[PR]
# by cerisier_aimer | 2009-09-11 15:45 | ☆癒しリゾートの旅☆
  

『幾ら季節が巡っても変わらない色があなた側にはありました』桜の華のブーケって見たことありますか?私の夢はいつか最愛の人に桜のブーケをもらうこと。そう、願わくばご主人様がその人でありますように・・・。
by cerisier_aimer
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Welcome to 桜のブーケ。
「私」とブログのこと。
俗称:桜華。
リアルでは「C」、SMの世界では「優奈」、親しい人には「ちい」と呼ばれる。
多重人格ぢゃないんだけど、自分を3つの「私」で見ていますw
ブログについては【初めにお読み下さい】の「はじめに。」と「ご主人様と私。」の2つトピックをお読みください。
最近は・・・ほぼ旅行ネタと日々の雑記帳になりかけていますがw
大人になった時にその時感じた小さなことを忘れない様書いてますw


年齢:27(気持ちは19w)
属性:日常S、ホントはどM
仕事:前職は広告系コンサル時々ライターの
所謂何でも屋な言葉屋さん。
現職は証券系のかたーいお仕事。
しかし虎視眈々と夢に向かって転職活動中w

社会人6年目のブログを初めて8年目、Mに目覚めて10年目。(笑)

8年一緒に過ごした足利さんから
退職と同時に前向き卒業を決めた後、
主を作るつもりも今後予定も
なかったのに・・・
惹かれる人・シカオに出会って
数ヶ月楽しい時間を過ごすも
リセットとなってしまいました。
シカオに教わった可能性を
捨てないことを未来の為に、
「私」らしさを大切に、
この先の偶然から運命に
変わる確率を楽しみに
次のドアを開こうと思います。
↑そんなことを考えていた2010年新年。


人生が変わって・・・
運命はクルクル廻って行くのです。
シカオと終って泣いた1ヶ月。
その後、数人好きだと言ってくれる人が現れましたが心から信じることができずにいました。
無理に恋愛をするのを辞めた頃、
思いもよらぬ偶然が起こりました。

今回、前へ進むために1年ぶりに戻ってきました。


明るく悩みがなさそうなヤツに見えるが、かなりのビビリw他人のことは客観視できても、自分のことは勘繰り過ぎ。

好きなものは桜に、
美味しい物に、
海や夜景や写真や美術とか
キレイな物に、
ドン引かれるけれど首輪。

大切な物は思い出と記憶。
壊したくない物は距離。
見つけたい物は進むべき道。
探し物は運命の人。

は過去になった時、シアワセだったなと思えること。
願いは此処で昔みたいに本音を書くこと。
目標は人生に3度あるという大恋愛の、次に来る最後の「3度目」をすること。
そして
大人になること。
素の甘えたな私とさよならすること。


【バカンス予定★随時更新】
2011年7月
★東北行脚

【夢見るレストラン★随時更新】
★再出発のランベリー
★御用達、等々力の某鮨処
★本家庄内アルケッチアーノ
★魚山人in佐賀


【行きたいPlace★随時更新】
★某神様在住の山wwww
★某○○○○○駅wwww
★触れることの出来る位の距離。
★「もっと近くにおいで」と呼ばれる
包み込んでくれる腕の中。
最新の記事
1年振りにただいま。
at 2011-07-12 00:15
声に出せない本音。
at 2010-07-09 05:09
6年目の記念日は登山記念日。
at 2010-03-28 12:20
【10'3/21未掲載分】 ..
at 2010-03-21 18:27
【未掲載分】09'9~10'..
at 2010-02-27 18:39
検索
最新のトラックバック
色々な意見
from Nとーの考えたこと
金木犀と電話ボックス小景
from 【復刻版】Girls life
blog強制メール???..
from 改 Girls life
『説教』されました。。。
from Girls Life
SM診断やってみました
from ダラダラブログでいってきます。
やーん。
from ドロンゲーム
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧